HAPIRAKI

主に芸能ニュースをまとめて紹介します。
アイドル大好き。
ハッピーでラッキーな毎日を。

    2019年11月


    前田裕二、熱意は想像を超えるものだった

    前田 裕二(まえだ ゆうじ、1987年6月23日 - )は、日本の実業家、著作家。SHOWROOM株式会社代表取締役社長。早稲田大学政治経済学部卒業。 1987年東京生まれ。2010年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、外資系投資銀行のUBS証券株式会社に入社。 2011年からUBS Securities
    10キロバイト (1,273 語) - 2019年11月30日 (土) 01:15



    子供の頃の話は何度か聞いていたけれど
    ニューヨーク時代の話は初めて


    「アメリカ人の同僚に舐められないように、
    北米一辛いモンスターカレーを完食して、
    賞状を貰ったことがあります」って
    クールだと思っていたら相当強くて熱い心の持ち主だった

    【前田裕二、熱意は想像を超えるものだった】の続きを読む


    復活アンタッチャブル、THE MANZAI出演へ

    アンタッチャブルは日本のお笑いコンビである。略称「アンタ」。所属事務所はプロダクション人力舎。爆笑オンエアバトル第6代チャンピオン、2004年M-1グランプリ王者。 山崎 弘也(やまざき ひろなり、 (1976-01-14) 1976年1月14日(43歳)- ) ボケ担当。埼玉県春日部市出身。 柴田
    28キロバイト (3,798 語) - 2019年11月30日 (土) 10:50


    見るつもりもなく流れてた全力タイムズでびっくりしたわ
    みんな漫才やらなくなるよなぁと思ってたところだから余計

    【復活アンタッチャブル、THE MANZAI出演へ】の続きを読む


    元モー娘。吉澤ひとみの今、インストラクターで断酒はできず?

    ヲタは気になる?
    行けば会えるってことよね


    NO.7988163 2019/11/29 16:07
    飲酒ひき逃げ吉澤ひとみ、Dr.ストレッチ恵比寿店に勤務
    飲酒ひき逃げ吉澤ひとみ、Dr.ストレッチ恵比寿店に勤務
    飲酒&ひき逃げで逮捕、引退となった元モーニング娘。の吉澤ひとみ。

    現在、Dr.ストレッチ恵比寿店のインストラクターとして勤務。

    しかし、通勤は5000円かけてタクシーを利用しており、接客はなし。

    完全に趣味だと話題になっている。

    2018年11月に下された判決は執行猶予5年。

    酒断ちはしていない模様。

    芸能界復帰は絶望的だが、無類の酒好き。

    飲酒ひき逃げをするも断酒はできず。

    執行猶予あけまで無事に過ごせるのだろうか。

    【日時】2019年11月29日 16:00
    【提供】激裏情報
    【関連掲示板】


    【元モー娘。吉澤ひとみの今、インストラクターで断酒はできず?】の続きを読む


    昆虫食ブームは来るのか?「コオロギせんべい」

    昆虫食(こんちゅうしょく、英語: Entomophagy, Insect eating)とは、ハチの幼虫、イナゴなど、昆虫を食べることである。食材としては幼虫や蛹(さなぎ)が比較的多く用いられるが、成虫や卵も対象とされる。アジア29国、南北アメリカ23国で
    31キロバイト (4,441 語) - 2019年11月12日 (火) 09:37


    無印が「コオロギせんべい」ってのを出すらしい
    パルコではすでに昆虫食レストランがあるの?


    【昆虫食ブームは来るのか?「コオロギせんべい」】の続きを読む


    19年の出生数急減、子供部屋おじさんもおばさんも頑張らな!

    少子化(しょうしか)とは、 出生数が減少すること 出生率の水準が特に人口置換水準以下にまで低下すること(故に、単なる出生率の低下とは異なるとされる) (高齢化の対義語として)子どもの割合が低下すること 子どもの数が減少すること を指し、いずれの意味であるかは文脈にもよる。
    70キロバイト (10,095 語) - 2019年11月21日 (木) 16:10



    (出典 49.143.240.84)



    1 ホムンクルス◆p6L6fkSrzrGe

    少子化のペースが加速している。厚生労働省が26日発表した人口動態統計(速報)によると、1~9月に生まれた子どもの数は67万3800人と前年同期に比べ5.6%減った。
    年間の出生数が5%を上回る減少となったのは直近では1989年。2019年は30年ぶりの大幅減となる可能性がある。政府は土曜日の共同保育の推進など少子化対策の拡充を急ぐが、
    人口減に歯止めをかけるのは簡単ではない。
    (以下略)

    日本経済新聞 11月26日
    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO52631090W9A121C1EE8000


    【19年の出生数急減、子供部屋おじさんもおばさんも頑張らな!】の続きを読む

    このページのトップヘ